パーシステントコネクション(読み)ぱーしすてんとこねくしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パーシステントコネクション

HTTPプロトコルでは、HTMLのソースコードや画像ファイル、音声ファイルなど、各オブジェクトごとに個別にTCPコネクションをオープンしていたが、これを1つのTCPコネクションで連続して(persistent=継続して)取り扱うための機能。これによりパフォーマンスの向上などが望める。HTTPプロトコルのVer.1.1から導入された。たとえば、1つのHTMLファイルに10個のGIFファイルが含まれているWWWページを表示する場合、従来は全部で11本のTCPコネクションをオープンしなければならなかったが、この機能を使うと、1つのTCPコネクションですべてのデータを送ることができる。TCPのオープンやクローズ処理はサーバーにとってもクライアントにとっても負荷が重く、回数を減らすことができるならばそのほうが望ましい。また、オープン/クローズなどのオーバーヘッドがなくなるので、トラフィック軽減の効果もある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android