パーソナル・ドキュメント(英語表記)personal document

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーソナル・ドキュメント
personal document

事例研究法による実態調査の資料源泉の一つ。被調査者が第一人称で書いた自分自身の伝記,日記,手紙などの個人的記録をいう。それらはいずれもみずから備忘のためなど,一定の目的をもってつくられたものであり,資料を作成した人の立場や記録作成の目的から生れる制約が記録の仕方に影響している。したがって,常に書かれたとおり信用するのではなく,十分な検討に基づいて各種の資料と突き合せ,相互に比較しながら確証する必要があり,そうすることによってより一層現実に接近することが可能となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android