コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーソナル・ハンディホン・システム personal handyphone system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パーソナル・ハンディホン・システム
personal handyphone system

携帯電話システムの一つ。PHSと略される。基地局電波を中継する範囲を数百m程度に狭くし電波を低出力に抑えているため,基地局を小型化できコストも安価である。1台で使う周波数帯域は携帯電話よりも広く情報量を多くできるため,音質も良くデータ通信にも向く。低出力のため端末機も小型・軽量にでき電池も長時間もつうえ,ほかの電気製品との干渉が少ないために,医療施設などで使われることも多い。基地局範囲が狭いため移動しながらの通話で基地のチャンネル切り替え(ハンドオーバー)が頻繁になり,通信が途切れやすくなる可能性がある。1995年にサービスを開始し,簡易で廉価な点で人気が出たが,携帯電話の料金値下げやサービスの多機能化により価格面でのメリットが薄れ加入者数が減少,提供業者が少なくなってきたため,データ通信に重点が移った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パーソナル・ハンディホン・システムの関連キーワードウィルコムウィルコムPHSXGPPHSモバイルインターネットMVNOMVNO仮想移動体通信事業者CFカード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android