パーティション (仮想化)(読み)ぱーてぃしょん

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

パーティション (仮想化)

仮想化ソフトウェア上における、仮想マシンとほぼ同義。ホストOSを親パーティションゲストOSを子パーティションと呼ぶこともある。時分割されたCPU周辺機器などの実際のリソースや、仮想周辺機器などのリソースを含めてパーティションと呼ぶことが多く、「動的なパーティションの変更が可能」などと使われる。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android