パートナーシップ証明書(読み)ぱーとなーしっぷしょうめいしょ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

パートナーシップ証明書
ぱーとなーしっぷしょうめいしょ

同性カップルが、結婚に相当する関係であることを認める証明書。
 東京都渋谷区では、2015年(平成27)3月に全国で初めての事例となる、性的少数者を支援するための同性パートナーシップ条例(正式名称は「渋谷区男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」)が区議会で成立し、同年4月1日に施行された。同条例は、渋谷区や区民、事業者に対して、性的少数者への差別を禁止するとともに、同性カップルが異性間の結婚に準ずる関係であることを、渋谷区長が認定して証明書を発行した場合、異性の婚姻関係と異ならない程度の最大限の配慮が受けられる権利を保障している。法的な強制力や拘束力を伴うものではないが、これまで家族でなければ同居が認められなかった区営住宅への入居をはじめ、病院での手術や入院の際の付き添いなどができるようになる。条例に違反した場合には、渋谷区は是正勧告などを行ったうえで、該当する事業者名などを公表する措置をとることを表明している。これにより、賃貸住宅などの家主や不動産会社、病院などの間で、同性カップルに対する配慮が浸透するとみられる。ただし、同性カップルが異性の夫婦と同等の権利を得るためには、国が新たに法律を制定する必要がある。パートナーシップ条例をきっかけに、LGBTなど性的少数者の権利を守り、社会の多様性を認める取組みへと波及するかどうかが課題である。
 パートナーシップ証明書の実現は、同性カップルにおける公的な支援を飛躍的に推し進めるものであるが、異性間の婚姻で保障されている税制や社会保険における優遇措置の同性間への適用、外国人が相手の場合の在留の問題など、今後解決していくべき課題は山積している。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

パートナーシップ証明書の関連情報