コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーラ・セーナ朝美術 パーラセーナちょうびじゅつ

百科事典マイペディアの解説

パーラ・セーナ朝美術【パーラセーナちょうびじゅつ】

8―12世紀インドのビハール,ベンガル両地方で展開した美術。インド仏教美術の末期を代表し,セーナ朝治下では,ヒンドゥー教と結びついた密教美術も隆盛した。諸仏諸菩薩のほかバラモン教の諸神をとりいれ,図像学的に豊富。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android