コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーラ・セーナ朝美術 パーラセーナちょうびじゅつ

1件 の用語解説(パーラ・セーナ朝美術の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

パーラ・セーナ朝美術【パーラセーナちょうびじゅつ】

8―12世紀インドビハールベンガル両地方で展開した美術。インド仏教美術の末期を代表し,セーナ朝治下では,ヒンドゥー教と結びついた密教美術も隆盛した。諸仏諸菩薩のほかバラモン教の諸神をとりいれ,図像学的に豊富。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

パーラ・セーナ朝美術の関連キーワード尼連禅河バンガロールベンガルベンガル湾ビハールビハインドベンガル菩提樹ベンガル山猫ベンガルールベンガルタイガー

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone