コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パーラ・セーナ朝美術 パーラセーナちょうびじゅつ

百科事典マイペディアの解説

パーラ・セーナ朝美術【パーラセーナちょうびじゅつ】

8―12世紀インドのビハール,ベンガル両地方で展開した美術。インド仏教美術の末期を代表し,セーナ朝治下では,ヒンドゥー教と結びついた密教美術も隆盛した。諸仏諸菩薩のほかバラモン教の諸神をとりいれ,図像学的に豊富。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android