コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パールガート Pālghāt

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

パールガート
Pālghāt

インド南西部,ケララ州中東部の町。パールガート県の行政庁所在地。ウェスタンガーツ山脈を越えてデカン高原にいたるパールガート谷に位置する交通の要地。古くからの砦があり,1757年からマイソール藩王国のハイダル・アリが領有していたが,イギリス軍との争奪ののち,90年最終的にイギリス支配下となった。ナイフ,錠前,タイル,マッチなどの生産で古くから知られ,繊維製品,油,豆類,タバコなどの取引が盛ん。人口 12万 2964 (1991) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

パールガートの関連キーワードナンブーディリパドサザンガーツ山脈トリチュール

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android