パーロック式紡績(読み)ぱーろっくしきぼうせき

世界大百科事典内のパーロック式紡績の言及

【パーロック】より

…化学繊維のトウ(連続繊維の束)を帯状に広げ,加圧された数対のローラーの間を移動させながら,繊維の配列を乱すことなくランダムに切断し,かつ巻縮加工してスライバーを作る方法。30万~200万デニール程度のトウをまず加熱延伸したのち,2~3回に分けて切断するが,いずれもローラー表面速度の相違によるもので,この切断方法をパーロック式牽切(けんせつ),作られたスライバーを糸にする工程を含めてパーロック式紡績という。この方式でスライバーを作るトウ・リアクターと呼ばれる装置はかなり生産性が高い。…

※「パーロック式紡績」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android