コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸) ヒイロチャワンタケ Aleuria aurantia

1件 の用語解説(ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)
ヒイロチャワンタケ
Aleuria aurantia

子嚢菌類チャワンタケ目チャワンタケ科。夏から秋にかけて,地面に群生する。初め球形で,成熟すると碗形または皿形となる。大きさは径1~3cm,まれに 6cmに及ぶ。子実体の内面は鮮かな橙黄色ないし橙紅色で美しく,外面は淡い色で粉をかぶっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)の関連キーワード茶碗茸楽茶碗替茶碗茶碗蒸魚屋の茶碗アミガサダケ子嚢菌チャワンタケオオチャワンタケヒイロチャワンタケ

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone