コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸) ヒイロチャワンタケAleuria aurantia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒイロチャワンタケ(緋色茶碗茸)
ヒイロチャワンタケ
Aleuria aurantia

子嚢菌類チャワンタケ目チャワンタケ科。夏から秋にかけて,地面に群生する。初め球形で,成熟すると碗形または皿形となる。大きさは径1~3cm,まれに 6cmに及ぶ。子実体の内面は鮮かな橙黄色ないし橙紅色で美しく,外面は淡い色で粉をかぶっている。日本各地,インド,北アメリカ,ヨーロッパに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android