コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカゲツツジ(日陰躑躅) ヒカゲツツジRhododendron keiskei

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒカゲツツジ(日陰躑躅)
ヒカゲツツジ
Rhododendron keiskei

ツツジ科の常緑小低木。本州の関東地方以西と四国,九州の山地の崖や岩上に野生する。樹高は1~2mになり,直立または伏せる。葉は互生するが枝の先に輪生状に集ってつき,長さ4~10cmの披針形ないし楕円形で,短い葉柄がある。花は4~5月に,枝先に2~4個がつく。花冠は淡黄色の漏斗状で先は5裂する。ときに栽植されることもある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒカゲツツジ(日陰躑躅)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android