コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒカリボヤ(光海鞘) ヒカリボヤPyrosoma atlanticum atlanticum

世界大百科事典 第2版の解説

ヒカリボヤ【ヒカリボヤ(光海鞘) Pyrosoma atlanticum atlanticum】

尾索(びさく)綱ヒカリボヤ科に属する浮遊性の原索動物。刺激すると左右の囲咽帯(いいんたい)が青緑色に発光するのでこの名がある。各大洋に分布するが,とくに太平洋に多く,日本近海にもふつうに見られる。3~8mmの赤橙色の個虫が規則正しく配列し,長さ10~20cm(ときに50cm)の円筒状で中空の群体をつくる。表面には,多くのやや硬い寒天質の突起があり,その基部に入水孔が開き,出水孔は共同排水腔に開いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android