コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒクイナ(緋秧鶏) ヒクイナruddy crake

1件 の用語解説(ヒクイナ(緋秧鶏)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒクイナ【ヒクイナ(緋秧鶏) ruddy crake】

ツル目クイナ科の鳥(イラスト)。全長約23cm。後頭以下の背面はオリーブ色を帯びた褐色で,額,顔,くび側,下面の大部分は濃い赤紫色である。のどは白い。下腹部の側部には細かい白色の横斑がある。アジアの温帯から熱帯に広く分布し,北方で繁殖するものは冬に南へ渡る。日本には夏鳥として渡来し,全国各地の水田や湿地で繁殖するが,琉球では留鳥として生息している。群れにはならず単独かつがいで生活していて,雄はおもに早朝に,初めはゆっくりと,しだいに速く,〈キョッキョッキョッキョキョキョキョ……〉と独特の声で鳴く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒクイナ(緋秧鶏)の言及

【クイナ(秧鶏)】より

…全長約10~40cm。日本にはクイナ,オオクイナ,ヤンバルクイナ,ヒクイナ,ヒメクイナ,バン,オオバン,ツルクイナなど11種が分布する。飛翔(ひしよう)力は比較的弱いが,太平洋や大西洋の孤島にも分布し,多くの固有種に分化している。…

※「ヒクイナ(緋秧鶏)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone