コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒクラゲ(火水母) ヒクラゲ Tamoya haplonema

1件 の用語解説(ヒクラゲ(火水母)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒクラゲ【ヒクラゲ(火水母) Tamoya haplonema】

立方クラゲアンドンクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。このクラゲに触れると刺胞の毒で激しく痛み,刺された場所がやけどのようになるところから〈火クラゲ〉の名がある。日本では九州から瀬戸内海見られるが,太平洋大西洋に広く分布する。傘はふつう高さ5~8cmの立方形であるが,ときには20cmほどにもなり,表面に多数の褐色の刺胞群がある。傘の縁から4本の触手が生じ,長さ約20cmにもなって赤みがかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒクラゲ(火水母)の関連キーワードアラゲキクラゲビゼンクラゲ琴水母象水母蛸水母備前水母水水母行灯水母銀貨水母鉢水母

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone