ヒクラゲ(火水母)(読み)ヒクラゲ(英語表記)Tamoya haplonema

世界大百科事典 第2版の解説

ヒクラゲ【ヒクラゲ(火水母) Tamoya haplonema】

立方クラゲ綱アンドンクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。このクラゲに触れると刺胞の毒で激しく痛み,刺された場所がやけどのようになるところから〈火クラゲ〉の名がある。日本では九州から瀬戸内海に見られるが,太平洋,大西洋に広く分布する。傘はふつう高さ5~8cmの立方形であるが,ときには20cmほどにもなり,表面に多数の褐色の刺胞群がある。傘の縁から4本の触手が生じ,長さ約20cmにもなって赤みがかっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android