コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒクラゲ(火水母) ヒクラゲTamoya haplonema

1件 の用語解説(ヒクラゲ(火水母)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒクラゲ【ヒクラゲ(火水母) Tamoya haplonema】

立方クラゲアンドンクラゲ科の腔腸動物(刺胞動物)。このクラゲに触れると刺胞の毒で激しく痛み,刺された場所がやけどのようになるところから〈火クラゲ〉の名がある。日本では九州から瀬戸内海見られるが,太平洋大西洋に広く分布する。傘はふつう高さ5~8cmの立方形であるが,ときには20cmほどにもなり,表面に多数の褐色の刺胞群がある。傘の縁から4本の触手が生じ,長さ約20cmにもなって赤みがかっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone