コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒグマ(羆) ヒグマbrown bear

翻訳|brown bear

世界大百科事典 第2版の解説

ヒグマ【ヒグマ(羆) brown bear】

最大の食肉類でクマ科に属する哺乳類(イラスト)。ヨーロッパ,アジア,北アメリカに広く分布。大きさは変異に富み,体長170~280cm,尾長6~21cm,肩高90~150cm,体重はヨーロッパ南部産のヨーロッパヒグマU.a.arctosで平均70kg,ユーラシア北部産で通常150~250kg,アラスカ南岸のコディアク島産のコディアクグマ(アラスカヒグマ)U.a.middendorffiは最大で780kg,体長2.8mに達する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のヒグマ(羆)の言及

【熊の胆】より

…ヒグマUrsus arctosおよびヒグマ属の動物の肝汁の入った胆囊(たんのう)を乾燥させたもの。少しいびつな細長い氷囊型をしており,味はきわめて苦い。…

【クマ(熊)】より

…アライグマ科,イタチ科に近縁で,クマ類は肉食から植物食に転向するにつれて体を大型化してきたものと思われる。体長は,もっとも小型のマレーグマで1.1~1.4m,もっとも大型のヒグマで2.8m。体重は同じく27kgから780kg(食肉類中最大)である。…

【熊の胆】より

…ヒグマUrsus arctosおよびヒグマ属の動物の肝汁の入った胆囊(たんのう)を乾燥させたもの。少しいびつな細長い氷囊型をしており,味はきわめて苦い。…

※「ヒグマ(羆)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒグマ(羆)の関連キーワードコディアクグマアラスカヒグマ