コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒゲミル

海藻海草標本図鑑の解説

ヒゲミル

からだは直立し,円柱状で,叉状に分岐する。叉状の分岐点は扁平にならない。からだは高 さ10cm以下で太さも3mm程度までと非常に小型である。小嚢は倒卵形先端は尖らず,長さは300〜480μm ,直径200〜300μmであり,他のミル目に比べ太く短く丸っぽい。手触りは柔らかい。生体は明緑色〜緑色。押し葉標本は台紙に付く。形状はミルに似るが,非常に小型で,小嚢も球形に近く,先端が尖らないので容易に見分けがつく。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android