コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊) ヒコホホデミノミコト

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)
ヒコホホデミノミコト

ニニギノミコトの第3子で,母はコノハナサクヤヒメ。正しくはアマツヒコヒコホホデミノミコト,またホオリノミコトともいう。山幸彦として山の幸を領す。兄のホスソリノミコト (海幸彦) と交換した鉤を失い,海神の宮に行き,海神の娘トヨタマヒメをめとって帰る。海神から授かった塩盈珠,塩乾珠により兄を臣従させた。高千穂宮に崩ず。鹿児島神宮の祭神。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒコホホデミノミコト(彦火火出見尊)の関連キーワードコノハナノサクヤヒメ(木花開耶姫)ホスソリノミコト(火闌降命)富士浅間神社海幸・山幸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android