コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒザラガイ(石鼈貝) ヒザラガイ

1件 の用語解説(ヒザラガイ(石鼈貝)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒザラガイ【ヒザラガイ(石鼈貝)】

多板綱の軟体動物の総称,またはその中のクサズリヒザラガイ科の1種を指す。ヒザラガイ類Polyplacophoraは現生は約800種でオーストラリアに多い。日本産は約100種。ヒザラガイの名は語源的には膝皿貝の意で,背面に前後にならぶ8枚の殻があり,これを岩から離すと腹側にまるく曲がるのがひざを曲げた状態に似るからである。その状態からまたジイガセ(爺ガ背),コゴマリ(屈まり)の別名もある。体は楕円形で背腹に薄くて背側が多少膨らむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒザラガイ(石鼈貝)の言及

【軟体動物】より

…海産で,世界に約200種,日本には15種が知られる。(2)多板綱Polyplacophora ヒザラガイ類のことをいう。体は通常楕円形で背面は多少膨らみ,前後8枚の殻が並び殻をかこんで肉帯がある。…

※「ヒザラガイ(石鼈貝)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone