コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒシガニ(菱蟹) ヒシガニPlatylambrus validus

世界大百科事典 第2版の解説

ヒシガニ【ヒシガニ(菱蟹) Platylambrus validus】

十脚目ヒシガニ科の甲殻類(イラスト)。雌雄とも長大なはさみ脚をもつカニで,甲幅5cmほど。甲の輪郭は名のようにひし形に近く,表面は多数凹凸大小顆粒(かりゆう)で覆われている。胃域,心域,鰓域(さいいき)が隆起し,その間は深い溝になり,甲の前側縁には8本の突起が並んでいる。額は三角形。はさみ脚は長節断面四角形,掌部の断面が三角形の柱状で,他のカニ類と違って掌部が著しく長い。各節とも多数の大小の突起で覆われている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android