コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒスタスペス Hystaspes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒスタスペス
Hystaspes

前 1000年頃にゾロアスター教の教祖ゾロアスターによって,真の信者かつ保護者として称賛されたといわれる半伝説的な王。古代ペルシア語のビシュタースパ Vishtaspaのギリシア語形。ゾロアスターは東イランにおいて宣教を開始したと思われるので,ヒスタスペスはバクトリアあるいはソグディアナの地方君主であったとみられる。

ヒスタスペス
Hystaspes

パールサの王アルサメスの子,アケメネス朝の王ダレイオス1世の父。古代ペルシア語のビシュタースパ Vishtaspaのギリシア語形。キュロス2世とカンビセス2世のもとでペルシスの総督であった。ダレイオスが前 522年に即位したとき,ヒスタスペスはパルティアとヒルカニアの総督であり,前 521年に対ダレイオスの反乱を鎮圧した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒスタスペスの関連キーワードペルシア帝国パールサ

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android