コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒトツバカエデ(一葉楓) ヒトツバカエデAcer distylum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒトツバカエデ(一葉楓)
ヒトツバカエデ
Acer distylum

カエデ科の落葉高木で,マルバカエデともいう。近畿から九州地方に分布し,山地に生える。葉は卵状の心円形で分裂せず,基部は心臓形をなして一見カエデの仲間にはみえない。花は5~6月に細長い円錐花序を下向きにつけ,淡黄色で雄花と両性花が雑居する。分果は初め翼とともに赤褐色の毛が生え,やや直立または斜上する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒトツバカエデ(一葉楓)の関連キーワードモミジ(紅葉)

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android