コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒナノカンザシ(雛の簪) ヒナノカンザシSalomonia oblongifolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒナノカンザシ(雛の簪)
ヒナノカンザシ
Salomonia oblongifolia

ヒメハギ科の小さな一年草。日本の本州以南および東南アジア,インド,オーストラリアに分布し,日当りのよい湿地に生える。茎は細く直立し毛はなく高さ6~30cmになる。葉は柄がなく互生し,長さ5~8mmの長楕円形で全縁である。8~9月に,やせた穂状花序をなし,淡紫色の小花を多数つける。萼は披針形で5個,花弁は3個で下側のものは竜骨弁となって,その一部はおしべが癒着してつくる筒と合着する。 蒴果は径 2mmほどで数個のとげがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒナノカンザシ(雛の簪)の関連キーワードヒメハギ科

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android