コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒバリチドリ(雲雀千鳥) ヒバリチドリseed‐snipe

世界大百科事典 第2版の解説

ヒバリチドリ【ヒバリチドリ(雲雀千鳥) seed‐snipe】

チドリ目ヒバリチドリ科Thinocoridaeの鳥の総称。タネシギとも呼ばれる。全長17~28cm。この科には2属4種があり,南アメリカに分布し,アンデス山脈雪線から南部の海岸の荒地にまですむ。一見サケイに似た鳥で,ずんぐりした体をもち,脚は短く,翼は長くて先がとがっている。くちばしは短くて円錐形である。体の上面は褐色で淡褐色の斑があり,のどは白色,灰色,または黒色。地上に生活しチドリのように速く走る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android