ヒブ(Hib)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヒブ(Hib)

せき、くしゃみなどで鼻やのどを通じて体内に入り、髄膜炎敗血症など重篤な感染症を引き起こす細菌。患者の大半は5歳未満で、国内では少なくとも年間600人ほどかかり、5%が死亡、4分の1に難聴など重い後遺症が残るとされている。ワクチンは、100カ国以上で定期接種化されている。

(2009-11-27 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android