コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒブ(Hib)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヒブ(Hib)

せき、くしゃみなどで鼻やのどを通じて体内に入り、髄膜炎敗血症など重篤な感染症を引き起こす細菌。患者の大半は5歳未満で、国内では少なくとも年間600人ほどかかり、5%が死亡、4分の1に難聴など重い後遺症が残るとされている。ワクチンは、100カ国以上で定期接種化されている。

(2009-11-27 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

ヒブ(Hib)の関連キーワードインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンターンティア・トーピーアブー・アルフィダーインフルエンザ菌b型乳幼児の細菌性髄膜炎メガラ(都市国家)ゴールデンテンプルワクチンギャップカルセオラリアアル ヒブラーインドの大反乱Hibワクチンうりうりころん灰礬ざくろ石北海道釧路市加水ざくろ石アムリツァル細菌性髄膜炎ヒブワクチン名寄(市)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android