コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒブ髄膜炎

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヒブ髄膜炎

インフルエンザ菌b型による感染症で、髄膜や喉頭蓋(こうとうがい)などに炎症を起こす。頭痛や嘔吐(おうと)、進行するとけいれんや意識障害などの症状が出る。厚労省の資料によると、髄膜炎患者の約0・4~4・6%が死亡し、約10~30%に発達・知能・運動障害などの後遺症が残る。国内では小児の髄膜炎は毎年約400~700例が発生していると推計されるという。

(2010-12-17 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

ヒブ髄膜炎の関連キーワードインフルエンザ菌b型細菌性髄膜炎

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android