コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒポクラテス爪 ヒポクラテスづめ

大辞林 第三版の解説

ヒポクラテスづめ【ヒポクラテス爪】

爪の甲の中央が盛り上がり、スプーンを伏せて置いたような形になるもの。肺・心臓の病気や、甲状腺機能亢進症などにみられる。 〔ヒポクラテスがこのような爪と肺の病気との関係を最初に発見した〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ヒポクラテス爪の関連キーワード甲状腺機能亢進症ヒポクラテス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android