コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマ(蓖麻) ヒマ castor bean

翻訳|castor bean

1件 の用語解説(ヒマ(蓖麻)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒマ【ヒマ(蓖麻) castor bean】

トウゴマともいう(イラスト)。熱帯東アフリカ原産のトウダイグサ科の木質草本。草姿は大型で,茎は太く中空,1~3m。熱帯では多年にわたり生長をつづけ,高さ6mをこえる低木状になる。日本では冬に枯れるので一年草として扱われる。葉は掌状に切れ込み,径20~30cm,鋸歯があり,長い葉柄がある。日本では夏から秋に茎頂から長さ30~60cmの円錐花序を出し,基部には多数に分枝した花糸を有する雄花を,また上部には雌花をつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒマ(蓖麻)の関連キーワードイラストレーター熱帯雨林気候アフリカ舞舞イラストイラストマップ唐独楽熱帯東風エゴマ油熱帯性スプルー

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone