コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマル・チュリ[山] Himal Chuli

世界大百科事典 第2版の解説

ヒマル・チュリ[山]【Himal Chuli】

ネパール・ヒマラヤ,マナスル山群にある山。標高7893m。ネパール語で〈ナイフのような鋭い雪山〉という意。マナスル登頂に成功した日本山岳会は,1958年試登,翌59年攻撃したが敗退。これを引き継いで慶応大学隊(山田二郎隊長)が60年初登頂に成功した。その後,イタリア隊やいくつかの日本隊が登頂を試みたが失敗し,78年〈春の雪と岩の会〉が主峰の第2登をなし,西峰7541mにも登頂。【高山 竜三】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒマル・チュリ[山]の関連キーワードヒマラヤ[山脈]

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android