コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒミズ(日不見) ヒミズ Urotrichus talpoides

1件 の用語解説(ヒミズ(日不見)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒミズ【ヒミズ(日不見) Urotrichus talpoides】

本州,四国,九州の山地にすむ日本固有の原始的な小型のモグライラスト)。食虫目モグラ科の哺乳類。体がモグラよりもはるかに小さくきゃしゃで,吻(ふん)は細く前足は小さいが,尾は長く付け根の細いバット状。黒色のビロード状の毛にはわずかに緑色の金属光沢が認められる。体長7.5~10cm,尾長3~4cm,体重は12~24g。ふつう標高1800mくらいまでの山地の林床に,直径3cmほどのトンネルを落葉層の下に掘って,ミミズ,昆虫,ムカデなどを捕食するほか,種子,根など若干の植物質も食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒミズ(日不見)の関連キーワードゲンジボタルニホンカモシカ熊鷹小雀日本式梅花空木山蛭犬鷲山赤蛙

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone