コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメ(比女) ヒメ Aulopus japonicus

1件 の用語解説(ヒメ(比女)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメ【ヒメ(比女) Aulopus japonicus】

ハダカイワシ目ヒメ科の海産魚。体は細長くやや側扁する。吻(ふん)部はややとがり,体高は背びれ直前で最高となり,それより後方にいくにつれ円筒状に近くなる。体側に灰赤色の斑があり,背側には褐色の横帯がある。背びれは胸びれの直後より体の中心からやや後方に位置する。腹びれは前方にあり背びれ始部の直下,しりびれは体の後半部にありあぶらびれと対位する。背びれ,腹びれ,尾びれに赤色,橙色の色素斑がある。微少な歯をもつ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメ(比女)の関連キーワードニギスマイワシ裸鰯姫蜂真鰯狗母魚唐鰯非売知キハダマグロホシガレイ

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone