ヒメウォンバット(読み)ひめうぉんばっと

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒメウォンバット
ひめうぉんばっと
Tasmanian wombat
[学]Vombatus ursinus

哺乳(ほにゅう)綱有袋目ウォンバット科の動物。タスマニア島およびバス海峡の小島に分布する。頭胴長67~95センチメートル。ウォンバットのなかでは小形である。[中里竜二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のヒメウォンバットの言及

【ウォンバット】より

…齧歯(げつし)類に似た歯をもつ穴居性の有袋類。有袋目ウォンバット科Vombatidaeに属する哺乳類の総称で,ヒメウォンバットVombatus ursinus,ミナミケバナウォンバットLasiorhinus latifrons,キタケバナウォンバットL.krefftiiの3種がある。オーストラリア南東部とタスマニア島に分布する。…

※「ヒメウォンバット」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒメウォンバットの関連情報