ヒメカゲロウ(姫蜻蛉)(読み)ヒメカゲロウ(英語表記)brown lacewing

世界大百科事典 第2版「ヒメカゲロウ(姫蜻蛉)」の解説

ヒメカゲロウ【ヒメカゲロウ(姫蜻蛉) brown lacewing】

目ヒメカゲロウ科Hemerobiidaeに属する昆虫総称。小型から中型で翅の開張5~35mm,全体に黄褐色ないし暗褐色を帯びる。極地を除いて世界中に広く分布し650種が記録され,日本にはヤマトヒメカゲロウHemerobius japonicus,チャバネヒメカゲロウEumicromus numerosus(イラスト)など40種近くが産する。成虫は4~10月に種々の草木に発生し,もっぱら夜間に活動し,灯火に飛来する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android