コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメザゼンソウ(姫坐禅草) ヒメザゼンソウSymplocarpus nipponicus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒメザゼンソウ(姫坐禅草)
ヒメザゼンソウ
Symplocarpus nipponicus

サトイモ科多年草で,北海道,本州日本海側,朝鮮半島北部に分布し,湿地に生える。地下茎は短くて太く,多数出る根も太い。葉は根生し,外部のものは膜質で茎を包み,内部のものは長柄がある。葉身は長楕円形で長さ 10~20cm,幅7~13cm,鈍頭で基部は心形または切形,無毛で質は厚く,6月下旬には枯れる。花は6月,葉よりあとに出て,花序広楕円形で長さ約 10mm,包との間は約 3mmの柄となる。花序を包む仏炎包は頭巾状で長さ3~5cm,暗紫褐色を帯びる。花は両性で,花被片は4枚あり楕円形で長さ 1.5mm,横に内曲する。果実は翌年の6月に熟し果序は 16~27mm。和名は小型のザゼンソウ (坐禅草) の意。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android