コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメバチ(姫蜂) ヒメバチ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメバチ【ヒメバチ(姫蜂)】

膜翅目ヒメバチ科Ichneumonidaeに属する寄生バチの総称。日本全国でアゲハヒメバチミズバチ,モンオナガヒメバチ,コンボウアメバチ(イラスト),アカハラヒラタアブヤドリバチなど800種以上が知られており,膜翅目の中ではもっとも大きなグループの一つである。体長は大きい種類では100mm近くに達し,最小では数mmのものまであり,形や生活のしかたも種ごとで変異に富んでいる。近縁のコマユバチ科とは,その形態や生態もよく似ている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報