コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメヒトデ(姫海星) ヒメヒトデ Henricia nipponica

1件 の用語解説(ヒメヒトデ(姫海星)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメヒトデ【ヒメヒトデ(姫海星) Henricia nipponica】

ヒトデ綱ルソンヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。北海道から本州中部に分布し,岩礁帯にすむ。腕の長さは,ほぼ2cmで細長く,先端方向へしだいにとがっている。体色は赤色,褐色,黒褐色など変異が多く,不規則な斑点がある。体の背面は網目状で小さなとげが密生している。皮鰓域(ひさいいき)が小さく,皮鰓が単生する。雌雄異体。産卵期は3月で,雌は盤を上げて腕をすぼめ,壺状の保育室をつくり,その中に卵を産む。産卵数は親の体の大きさに比例して15~255個。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒメヒトデ(姫海星)の関連キーワード棘皮動物赤海星糸巻海星鬼海星蜘蛛海星手蔓藻蔓人出八手海星海星ルソン壺

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone