ヒメヒトデ(姫海星)(読み)ヒメヒトデ(英語表記)Henricia nipponica

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメヒトデ【ヒメヒトデ(姫海星) Henricia nipponica】

ヒトデ綱ルソンヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。北海道から本州中部に分布し,岩礁帯にすむ。腕の長さは,ほぼ2cmで細長く,先端方向へしだいにとがっている。体色は赤色,褐色,黒褐色など変異が多く,不規則な斑点がある。体の背面は網目状で小さなとげが密生している。皮鰓域(ひさいいき)が小さく,皮鰓が単生する。雌雄異体。産卵期は3月で,雌は盤を上げて腕をすぼめ,壺状の保育室をつくり,その中に卵を産む。産卵数は親の体の大きさに比例して15~255個。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android