コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメマツタケ(姫松茸) ヒメマツタケAgaricus blazei Murrill

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメマツタケ【ヒメマツタケ(姫松茸) Agaricus blazei Murrill】

担子菌類ハラタケ目ハラタケ科の食用キノコ。名にマツタケとついてはいるがマツタケとは縁はなく,いわゆるマッシュルームと同属近縁のキノコである。ブラジルの野生の菌で食用にされているものを同地在住の日本人が持ち帰り,数年前から市販されるに至った。初めは食用が主目的だったが,その後制癌薬として有望だということで研究がすすみ,今は保健食品,癌の民間薬として一部民間で栽培されており,幼菌のうちに収穫される。市場に出るものは高さ4~5cm,かさは鐘形で表面は淡紫褐色,細かい鱗片をおびる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android