コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメモノアラガイ(姫物洗貝) ヒメモノアラガイAustropeplea ollula

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメモノアラガイ【ヒメモノアラガイ(姫物洗貝) Austropeplea ollula】

淡水産のモノアラガイ科の巻貝の高さおよそ1cm,幅0.7cm。卵形で薄質半透明。殻表は黄褐色で光沢があるが,灰褐色に汚れていることもある。体層は大きく円みがある。殻口は卵形で,外縁は薄くて円く湾曲する。軟体は暗灰黒色で頭には三角形状の触角があり,その基部に眼がある。北海道から沖縄まで全国に分布し,田や沼また人家近くの溝に多い。中国や朝鮮半島などにも分布する。ウシヒツジなどに寄生するカンテツ(肝蛭)の中間宿主である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android