コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒメモノアラガイ(姫物洗貝) ヒメモノアラガイAustropeplea ollula

世界大百科事典 第2版の解説

ヒメモノアラガイ【ヒメモノアラガイ(姫物洗貝) Austropeplea ollula】

淡水産のモノアラガイ科の巻貝の高さおよそ1cm,幅0.7cm。卵形で薄質半透明。殻表は黄褐色で光沢があるが,灰褐色に汚れていることもある。体層は大きく円みがある。殻口は卵形で,外縁は薄くて円く湾曲する。軟体は暗灰黒色で頭には三角形状の触角があり,その基部に眼がある。北海道から沖縄まで全国に分布し,田や沼また人家近くの溝に多い。中国や朝鮮半島などにも分布する。ウシヒツジなどに寄生するカンテツ(肝蛭)の中間宿主である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android