コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュウガミズキ(日向水木) ヒュウガミズキCorylopsis pauciflora

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュウガミズキ(日向水木)
ヒュウガミズキ
Corylopsis pauciflora

マンサク科の落葉低木で,庭木として一般に栽培される。本州中央部の日本海沿岸に自生し,また台湾に分布する。樹高は1~2m,枝は細く分枝している。春,葉に先立って淡黄色の花が2~3個ずつ,長さ1~2cmの花穂をつくって枝いっぱいに咲く。花序はほとんど柄がない。葉は長さ3~5cmのゆがんだ広卵形または卵形で下面に毛がある。トサミズキの近縁種であるが,トサミズキのほうが全体に大型で,花穂も長くはなやかである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒュウガミズキ(日向水木)の関連キーワードトサミズキ(土佐水木)マンサク科

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android