コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュウム石 ヒュウムせきhumite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュウム石
ヒュウムせき
humite

Mg7Si3O12(OH,F)2 。斜方晶系の鉱物。比重は 3.20~3.32,硬度6。黄色。接触変成作用を受けた石灰岩やドロマイト中に特徴的に産出する。広義には Mg(OH,F)2nMg2SiO4 の組成を有する一群のヒュウム石族鉱物をさす。 n=1 のものはノールベルグ石,n=2 のものはコンドロ石,n=3 のものは狭義のヒュウム石,n=4 のものは単斜ヒュウム石という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ヒュウム石の関連キーワードヒューマイトヒューマイト

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android