ヒューズ(読み)ひゅーず(英語表記)Charles Evans Hughes

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒューズ(Charles Evans Hughes)
ひゅーず
Charles Evans Hughes
(1862―1948)

アメリカの法律家、政治家。コロンビア大学で法学士となり(1884)、ニューヨーク市で弁護士を開業。ニューヨーク州立法委員会(アームストロング委員会)顧問(1905~06)として生命保険会社の調査で活躍し、ついで共和党からニューヨーク州知事(1907~10)に当選し、州政治の改革に努めた。アメリカ合衆国最高裁判所判事(1910~16)を経て、1916年共和党候補として大統領選挙に出馬したがウィルソンに敗れた。第一次世界大戦後はハーディング大統領により国務長官(1921~25)に任命され、とくにワシントン会議を主宰して九か国条約を結び(1922)、門戸開放主義を列強に認めさせた。その後ハーグ仲裁裁判所判事(1926~30)、常設国際司法裁判所判事(1928~30)として国際的に活躍を続けた。30年代にはフーバー大統領により合衆国最高裁判所長官(1930~41)に任命されたが、ニューディールに対しては保守的であった。[高橋 章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒューズの関連情報