コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウタン(瓢箪) ヒョウタン Lagenaria siceraria var. gourda; gourd

2件 の用語解説(ヒョウタン(瓢箪)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒョウタン(瓢箪)
ヒョウタン
Lagenaria siceraria var. gourda; gourd

ウリ科のつる性の一年草で,干瓢 (かんぴょう) をつくるユウガオ (夕顔) の変種とみなされている。熱帯アジアの原産で古くからヨーロッパやアジアで栽培の歴史がある。全体に毛があり,茎は長く伸びて,分岐する巻きひげで他物にからみつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒョウタン(瓢箪)【ヒョウタン】

ウリ科のつる性一年草で,ユウガオの一変種。全株に毛が多く,二叉(ふたまた)に分かれた巻きひげで他物にからみついてのびる。夏,白色の花が咲く雌雄同株。果実は中間がくびれ,成熟すると果皮は毛が落ちて硬くなるが,10日ほど水につけてから,苦くて食べられぬ果肉をとり去って酒器などにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ヒョウタン(瓢箪)の関連キーワードユウガオ(夕顔)夕顔ヨウサイ阿古陀瓜ごおや白瓜カンピョウシロウリユウガオヒョウタン(瓢簞)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone