コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウタン(瓢箪) ヒョウタンLagenaria siceraria var. gourda; gourd

2件 の用語解説(ヒョウタン(瓢箪)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒョウタン(瓢箪)
ヒョウタン
Lagenaria siceraria var. gourda; gourd

ウリ科のつる性の一年草で,干瓢 (かんぴょう) をつくるユウガオ (夕顔) の変種とみなされている。熱帯アジアの原産で古くからヨーロッパやアジアで栽培の歴史がある。全体に毛があり,茎は長く伸びて,分岐する巻きひげで他物にからみつく。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒョウタン(瓢箪)【ヒョウタン】

ウリ科のつる性一年草で,ユウガオの一変種。全株に毛が多く,二叉(ふたまた)に分かれた巻きひげで他物にからみついてのびる。夏,白色の花が咲く雌雄同株。果実は中間がくびれ,成熟すると果皮は毛が落ちて硬くなるが,10日ほど水につけてから,苦くて食べられぬ果肉をとり去って酒器などにする。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone