コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウモンチョウ(豹紋蝶) ヒョウモンチョウ

1件 の用語解説(ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒョウモンチョウ【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】

鱗翅目タテハチョウヒョウモンチョウ亜科Argynninaeの昆虫の総称。狭義にはそのうちの1種を指す。ヒョウモンチョウBrenthis daphneイラスト)は,南ヨーロッパからシベリアを経て日本全国にまで分布し,年1回発生する。翅の開張5cm前後。ナミヒョウモンともいう。幼虫はワレモコウ類やオニシモツケを食草とし,中齢幼虫で越冬する。山地の草原に多い。 ヒョウモンチョウ類(英名fritillary)はいずれも翅の表が柿色で,黒い斑点が多いため〈豹紋〉と名づけられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)の関連キーワード一文字蝶孔雀蝶木の葉蝶胡麻斑蝶白蝶豹紋蝶旭豹紋蝶黄蛺蝶小紫蝶蛺蝶

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone