コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒョウモンチョウ(豹紋蝶) ヒョウモンチョウ

世界大百科事典 第2版の解説

ヒョウモンチョウ【ヒョウモンチョウ(豹紋蝶)】

鱗翅目タテハチョウ科ヒョウモンチョウ亜科Argynninaeの昆虫の総称。狭義にはそのうちの1種を指す。ヒョウモンチョウBrenthis daphne(イラスト)は,南ヨーロッパからシベリアを経て日本全国にまで分布し,年1回発生する。翅の開張5cm前後。ナミヒョウモンともいう。幼虫はワレモコウ類やオニシモツケを食草とし,中齢幼虫で越冬する。山地の草原に多い。 ヒョウモンチョウ類(英名fritillary)はいずれも翅の表が柿色で,黒い斑点が多いため〈豹紋〉と名づけられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android