コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒヨドリバナ(鵯花) ヒヨドリバナEupatorium japonicum; thoroughwort

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒヨドリバナ(鵯花)
ヒヨドリバナ
Eupatorium japonicum; thoroughwort

キク科の多年草。東アジアの温帯から暖帯に広く分布し,日本各地の山地のやや乾いたところに生える。茎は直立して1~2mの高さになり,短毛をかぶっていてざらつく。葉は対生し,薄質で長さ 10~20cmの広披針形,鋸歯縁で短柄を有し,両面にまばらに縮毛がある。晩夏から秋にかけて,茎の上部に散房状に白色または帯紫色を帯びた頭状花を多数密につける。各頭花は少数の管状花から成り,管状花の先端は浅く5裂する。果実は白色の冠毛をもつ痩果で,全体に腺点と毛がある。近縁種サワヒヨドリヨツバヒヨドリ (四葉鵯) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ヒヨドリバナ(鵯花)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android