ヒライソガニ(平磯蟹)(読み)ヒライソガニ(英語表記)Gaetice depressus

世界大百科事典 第2版の解説

ヒライソガニ【ヒライソガニ(平磯蟹) Gaetice depressus】

十脚目イワガニ科の甲殻類(イラスト)。甲幅2.5cmくらい。北海道から沖縄まで,また,韓国や中国北部に分布し,岩礁にもっともふつうに見られるカニで,個体数が著しく多い。干潮時には小石の下に潜って過ごし,潮が満ちてくると活動を始める。小型の個体には一様に白色のものもいるが,成長とともに濃色となり,さまざまな程度に白斑が残る。じみな褐色ないし緑褐色に不規則な黄白色斑をもつ個体が多いが,一様に紫黒色の個体まで著しく色彩変異に富む。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android