コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラタケ(平茸) ヒラタケPleurotus ostreatus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒラタケ(平茸)
ヒラタケ
Pleurotus ostreatus

担子菌類マツタケ目シメジタケ科。別名アワビタケ (鮑茸) 。春から秋に種々の広葉樹,まれに針葉樹枯れ木や切り株に多数重なって生じる。傘は径5~15cm,貝殻状ないし扇状で,一側に片寄って長さ1~4cm,太さ1~2cmの柄がついている。傘の表面は白色ないし灰褐色。胞子紋は白色または淡紫色。日本全土に分布し,美味の食用キノコの一つ。本種に近縁なものとしてはタモギタケ P. cornucopiaeがあるが,これはニレなどに生じる。なおムキタケ Hohenbuehelia serotinaもニレなどに生じるが,これは傘の表皮がむきやすい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラタケ【ヒラタケ(平茸) oyster mushroom】

担子菌類キシメジ科のキノコ。もっとも普遍的な食用キノコで,世界で広く栽培されている。かさは半円形または貝殻形で,側方に短い茎がつく。径5~15cm,表面はねずみ色,灰褐色,灰白色などで平滑。肉は白色でやわらかい。ひだは茎に長く垂生し,白色~クリーム色でやや疎。茎は長さ1~4cm,白色で強靱。表面は短毛をおび,とくに基部には毛が多い。胞子は円柱形,大きさ7.5~11μm×3~4μm,胞子紋は白色~ライラック色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のヒラタケ(平茸)の言及

【キノコ(菌∥蕈∥茸)】より

…菌のうえつけから収穫まで約50日間である。ヒラタケ,ナメコ,マイタケなども似た手順で行う。第3はわら栽培である。…

【シメジ(占地)】より

…汁物,付け焼きなど淡白な料理にあう。なお,栽培地の名を冠して○○シメジとして市販されているものの多くはヒラタケなどを人工栽培したもので,本種とは異なる。【古川 久彦】
[料理]
 〈匂(にお)いマツタケ,味シメジ〉といわれ,昔から美味なキノコとされてきた。…

※「ヒラタケ(平茸)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone