コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラツメガニ(平爪蟹) ヒラツメガニ Ovalipes punctatus

1件 の用語解説(ヒラツメガニ(平爪蟹)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラツメガニ【ヒラツメガニ(平爪蟹) Ovalipes punctatus】

十脚目ワタリガニ科の甲殻類(イラスト)。甲幅10cmの食用ガニで,肉量は多くないが,多量に漁獲されることがあり,出荷される。甲の輪郭が丸みをおびていることから漁業関係者の間ではマルとかキンチャクガニの名で呼ばれることが多い。甲面は前後左右に湾曲し,甲面中央部にH字状の深い溝があるほかは甲域が不明りょう。額に4本の突起が並んでいるように見える。甲の前側縁には三角形の突起が五つあり,それらの外縁はいずれも丸みを帯びている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒラツメガニ(平爪蟹)の関連キーワードガザミケガニザリガニ岩蟹菱蟹精進蟹泥蟹柔蟹

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone