コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒラツメガニ(平爪蟹) ヒラツメガニOvalipes punctatus

世界大百科事典 第2版の解説

ヒラツメガニ【ヒラツメガニ(平爪蟹) Ovalipes punctatus】

十脚目ワタリガニ科の甲殻類(イラスト)。甲幅10cmの食用ガニで,肉量は多くないが,多量に漁獲されることがあり,出荷される。甲の輪郭が丸みをおびていることから漁業関係者の間ではマルとかキンチャクガニの名で呼ばれることが多い。甲面は前後左右に湾曲し,甲面中央部にH字状の深い溝があるほかは甲域が不明りょう。額に4本の突起が並んでいるように見える。甲の前側縁には三角形の突起が五つあり,それらの外縁はいずれも丸みを帯びている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android