ヒラミル

海藻海草標本図鑑の解説

ヒラミル

からだはやや厚みのある扁平膜状で,不定形な倒卵形から披針形となる。基部近くは短い円柱状から扁圧した茎または柄状となる。 盤状の付着器から数本の藻体が直立するが,直立体には分枝はほとんど見られない。小嚢は円柱状。手触りはフェルト地のような厚みのある膜質。生体は濃緑 色。押し葉標本は台紙によく付く。種小名「 latum 」は「広い,幅のある」の意味。よく似た海藻にウスヒラミル Codium pseudolatum (仮称/未記載種)があるが,ヒラミルは潮間帯で多く確認されるのに対し,ウスヒラミルは水深5m以深の潮下帯で確認される事が多く,名前のようにウスヒラミルはヒラミルより明らかに薄い。

出典 千葉大学海洋バイオシステム研究センター銚子実験場「海藻海草標本図鑑」海藻海草標本図鑑について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android