ヒルトン(James Hilton)(読み)ひるとん(英語表記)James Hilton

  • 1900―1954

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イギリスの小説家。ランカシャー県に生まれ、ケンブリッジ大学を卒業。在学中から小説を書いたが、「シャングリラ」という理想郷の物語『失われた地平線』(1933)で認められてホーソーンデン賞を受け、さらに『チップス先生さようなら』(1934)がベストセラーになる。ほかに『鎧(よろい)なき騎士』(1933)、『心の旅路』(1941)、『朝の旅路』(1951)、『めぐり来る時は再び』(1953)などがある。彼の小説は筋の変化に富み、語り口も軟らかで品のよいユーモアとペーソスが大衆に受け、映画化された作品も多い。1937年以降アメリカに定住、のち帰化。

[小松原茂雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android