コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒル石(蛭石) ひるいしvermiculite

翻訳|vermiculite

世界大百科事典 第2版の解説

ひるいし【ヒル石(蛭石) vermiculite】

急熱するとヒルのようにのびる鉱物で,黒雲母,金雲母,バーミキュライトの中間型である。黒雲母および金雲母が加水分解して生じる。とくに,花コウ岩の風化などによって構成鉱物の黒雲母が分解してカリウムが溶脱し,水分が加わって加水黒雲母となった場合にこの名称で呼ぶ。層状組織をなす結晶構造の底面方向の間隔が,加水作用のため黒雲母の10Åより約14Åに膨張したものである。成分はほぼ(Mg,Fe)3[(Si,Al)4O10](OH)2・4H2O,単斜晶。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android