コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロシマ・ピース・ボランティア

1件 の用語解説(ヒロシマ・ピース・ボランティアの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ヒロシマ・ピース・ボランティア

被爆体験継承を目的に、平和記念資料館が99年から導入した。応募資格は18歳以上。月2回以上、同じ曜日に活動できることが必要。登録までに約半年間の研修を受ける。見学者に館内の展示解説を行うほか、要請に応じて平和公園内の慰霊碑などへ案内する「移動解説」もする。4月1日現在の登録者数は224人(男性76人、女性148人)。昨年度の案内人数は1万2140人。

(2008-05-14 朝日新聞 朝刊 広島1 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒロシマ・ピース・ボランティアの関連キーワード広島平和記念資料館平和記念公園県平和資料館の運営協議会原爆の絵広島平和文化センター戦争博物館二重被爆者平和案内人原爆孤児高橋昭博

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒロシマ・ピース・ボランティアの関連情報