コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒロハシサギ(広嘴鷺) ヒロハシサギboat‐billed heron

世界大百科事典 第2版の解説

ヒロハシサギ【ヒロハシサギ(広嘴鷺) boat‐billed heron】

コウノトリ目サギ科の鳥。全長約50cm。一見ゴイサギに似ているが,大きく幅の広いくちばしが特徴。額,顔,くびは白く,頭上,冠羽,後頸(こうけい)は黒い。背以下の背面は灰色,胸以下の下面は栗色で,わきは黒色である。幼鳥は赤褐色に富む。メキシコからアルゼンチン北部まで分布し,川岸や潟湖のよく茂ったマングローブ林などにすんでいる。習性は夜行性で,昼間はふつう休み,夕方出て,湿地や水辺で餌をあさる。食物は主として小エビ,小魚,水生昆虫である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒロハシサギ(広嘴鷺)の関連キーワードカザリドリカニクイザル層別刈取法ソクシンラン(束心蘭)平板測量ヒガンバナ(彼岸花)ベーカー=ナン・カメラミズカンナワオキツネザルワサビダイコン(山葵大根)

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone